菅義偉官房長官は28日の定例記者会見で「慰安婦像設置の動きはわが国政府の立場と相いれない。

米国カリフォルニア州グレンデール市に設置された少女像を撤去するよう求める日本極右団体の訴訟が米連邦最高裁判所で却下されたことに対して、日本政府が強い遺憾の意を表明した。菅義偉官房長官は28日の定例記者会見で「慰安婦像設置の動きはわが国政府の立場と相いれない。

最初から外務省が仕事をしていれば、こんな問題なんか起きなかった。森友も良いけどこちらもきちんと対応して欲しい。一昨年に森友を超える10億円を無駄に税金を使っているのですから。
訴訟そのものは多分負けると思ったが、日本政府が意見書だしたり、敗訴でこのようなコメント出したりというのはいい意味で意外だった。 今までなら一個人の訴訟で済まされてたのが。結果的にこれからもっと改善方向で進むんじゃないかと期待させる。日本側は…言えない文化,言わない文化を変えていかないと!遺憾がいい感じに伝わることはまずない行動で示して欲しいNestlé不買をしています
だからずっと言ってたんだよ森友みたいなくだらない問題でこの問題の対応が疎かになるのが心配だって野党はこの敗訴で日本側が負けたこと大喜びしてると思うし更に森友で邪魔しにくると思うが安倍さんには頑張ってほしい残念で終わりかよ。今まで韓国に援助してきたお金を、これからは日本の正義のために使っていただきたいと思います。今回は敗訴ですが、諦めずに今後も圧力まで使っていって下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ