テレビドラマでは10年以上、宮藤の作品に出演していないという阿部と宮藤の“大人計画”コンビにも期待を寄せていた。

 2019年にNHKで放送される宮藤官九郎氏脚本の大河ドラマのタイトルが『いだてん~東京オリムピック噺~』に決定し、前半・中村勘九郎、後半・阿部サダヲの2人が、主役リレーする形で務めることが3日、同局から発表された。

大河ドラマは歴史ものと言う人は多いけど、実質戦国か幕末しかやらないのであれば歴史ものも何もないと感じていた。いろいろ試してみればいいんじゃない。これが成功したら古代史とかにもチャレンジしてほしい。
これが高視聴率取れたら、戦後の偉人伝もやっていけそうな気がする。プロジェクトXではないが、そんな感じの話も大河にあっていいと思う。これ成功したら、吉田茂や池田勇人が主役の大河が出来るかも?そのうち。来年のボーイズラブ大河より楽しみだ
大河は太平記が一番好きだったな。あまちゃんも「朝ドラにクドカン!?」って最初拒否反応あったけど、最後にはどっぷりハマった。期待します。あまちゃんみたいに面白く見せてくれるなら時代が新しくてもいいんじゃない?ドラマで殺人や不倫が多いが「偉人」のドラマをして欲しいですね。結構名前を知っていてもその人の生涯って知らない人が多いと思います。
最近の大河は、なんか話がなくなってきた感が強い。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ