室屋の優勝は昨年の幕張大会以来2回目。

アメリカ西部時間4月16日(日本時間4月17日)、アメリカ・サンディエゴ市で開催されたレッドブルエアレースで、日本人の室屋義秀が優勝した。室屋の優勝は昨年の幕張大会以来2回目。室屋は4月15日の公式練習では全選手中最短タイムを記録したものの、予選ではパイロンに接触したペナルティもあり10位。

ホーム以外で勝つとは!素晴らしい!これは凱旋帰国楽しみだねすげぇ!これで日本人パイロットが増えないかなぁおめでとうございます、6月の幕張が楽しみですやったぜ! カミカゼ室谷。 
うおぉ~!やったぜ、室谷選手!!!うおぉ~!BSの放送まで結果を言わないでくれ~(><)新しい機体にも馴染んだし、元より操縦技術には定評があったからね。オーバーGのギリギリで押さえ込める感覚が付いて来たのかな。世界で頂点に立つって凄いことですよね!本当に、おめでとうございます!
Good job!室屋さん最高!おめでとうございます。ほんと、凄いですね! 個人的には、アクロバティックエアショーが好きなので、コウノトリ但馬空港フェスティバルも復活して欲しいです!次の幕張に期待だな。
何より海外開催レースでの優勝はとても意義深い。おめでとう!!まもなく千葉で3度目の開催!無風、晴天で室屋さんの活躍を祈ります!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ