文字通り、夫(配偶者)が死んだ後に“離婚”することである。

「夫と同じ墓に入りたくない」「死んでまで姑と一緒なんてイヤ」 こうした考えの妻たちがいることは、以前からいわれてきた。墓の中まで……。嫁と姑のいさかいは、いつの時代も根が深いのだ。昨今は、50歳になっても結婚しない義兄や出戻りの義理の姉らの存在も増えている。

嫁を大切に考え付き合っている義親に対し、嫁はそんな届を出すことを考えないと思います。嫁だからと軽くあしらったり意地悪し続けると、こうやってしっぺ返しが来るのは当たり前。自業自得でしょうかね。
古い人ほど、昭和のしきたりを重視しますからね古い「家」制度とか、男尊女卑とかほとんど、今の時代からは取り残された化石だわ!そんな思考では、今の若い人は付いてこないよ!
義父母の介護をしたくないという事だけでは無く、実際扶養が困難な状況であっても、扶養者が居ると義理親世帯にも介護補助や生活保護が受けられない事態が起こるので、生活が厳しいなら、死後離婚した方が義理親の為にもなる。最近、話題になっていますね。
ひと月前義母が亡くなり、義父と主人の3人暮しになりましたが…精神的に疲れてます。義父の兄弟や主人の姉2人に言葉での負担にうんざりですが…多分主人がもし亡くなったらひとりになりたいかも…

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ