森田健作知事「都民ファーストのプライドとして約束を守るということは素晴らしいことだと思っている」

 東京都の小池百合子知事が11日、東京都以外の仮設施設の整備費用も全額負担する意向を示したことについて、森田知事は「立候補ファイルに則ったことで至極当然のこと」としながらも小池知事の決断を歓迎しました。

所詮、東京の付属品。自分の権利だけ主調するな、恩恵は独り占めか?心にもない営業トーク
森田が知事では、いつまでっても千葉県は変わらないよ。無駄を省く事もしない。ただ行事の顔出しやスケジュールをこなしているだけ。これという実績が見当たらない。緑のたぬきが引っ掻き回すだけ引っ掻き回してしまいましたでも都民からすると、千葉も準開催都市に位置付けて負担してもらうはずだったんですけどね騙されました
「都民ファーストのプライドとして約束を守るということは素晴らしいことだと思っている」この発言は、今まで小池知事が約束を守ってこなかった事実の裏返しだ。決断だけで2ヶ月遅れなのに、素晴らしいこと褒める。本心と発言は一致してないかも知れないが、森田知事は大人の対応。
 某紙が複数の都OB会の名簿(09~13年に発行) をもとに取材した結果、新市場工事を受注した 17社にOB64人が在籍していたことが判明 しました 局長級は9社・19人(約3割)で、 その大多数がいったん外郭団体に天下りした 後に、ゼネコンに再度天下りしていました。 都総務局の公表資料「都庁版人材バンク」 によると、10~13年の4年間に都幹部17人が 同工事を受注した清水建設、大成建設、 鹿島建設など12社に直接天下りしていました。黒い鼠集団忖度

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ